携帯販売の仕事

携帯ショップ店員を辞めたい人へ【元携帯ショップ店員がおすすめする転職】

こんにちは、マサヤです。

携帯ショップで働いたことのある人のほとんどが口を揃えていう言葉。

「ブラックだよ」

実際に店員をしていて辞めた経験のある僕、マサヤがその裏側を語ります。

 

この記事の信頼性

マサヤとは?

元携帯ショップ店員(5年間営業成績トップ)
裏側を知りすぎ病む。一般職に転職を試み成功&年収もup!

 

携帯ショップ店員を辞めたいと思うきっかけとは?

実際に働いている時、「この職場が天職だ」という声は少なく辞めたいと口にする人が多かったです。

なぜ辞めたくなるのか。次のような理由があります。

 

携帯ショップを辞めたい理由(経験談)

  • サービス残業が多い
  • 無理販(無理やり販売)を強要される
  • 機種やプランが次々新しいものが出て覚えられない
  • クレーム対応が辛い
  • 売り方の裏側を知って嫌気がさした
  • 将来性を感じず不安

よく聞く言葉を取り上げましたが、あまりいいワードではないことは見て分かりますよね。

しっかり掘り下げていきます!

 

サービス残業が多い

これに関しては店舗にもよりますが、話を聞くと僕の周りのショップ店員もほとんどがサービス残業でした。

なぜ残業になるのかはものすごくシンプル。
接客時間外に締め作業があるからですね。

開店状態が9時間だとして(1時間休憩抜いて8時間)その後に締め作業だと必然的に残業が確定するわけです。

さらに閉店間際に機種変更等の来店があった場合、締め作業も遅れ帰り時間も遅くなりますよね。

ここに残業代が出るかどうかはお勤めの会社次第となります。

 

無理販(無理やり販売)を強要される

いわゆる「ノルマ」ですね。

ここで携帯会社のからくりのお話を少し。

携帯ショップというのは代理店形式の広がりかたをしている事業です。
例えばDoCoMoはNTTが本社。auの場合はKDDIです。
実際、携帯を販売している店舗はそれぞれ親会社の代理店なんですね。

DoCoMoショップだったりauショップだったりは親会社から新規何台、乗り換え何台などのノルマが課せられています。

それが達成出来ないと代理店は親会社からお金が貰えないので、ノルマは代理店で働く店員に与えられるということですね。

ノルマをこなすために無理やりにでも販売しないといけないという流れが出来て、ショップ店員は辛い思いをすることとなってしまいます。

残念ながらこの仕組みは今も変わっていないようです。

 

機種やプランが次々新しいものが出て覚えられない

携帯端末は殆どのメーカーが半年〜1年ごとにモデルチェンジ、その度に新機能を搭載してきます。都度比較内容を説明できるように暗記する事が山盛り…。

それに加え、契約プランも次々新しく変わっていきます。
これも同じように内容の違いやよくなった部分を人に説明できるまで理解する必要があるんですね。

どちらも覚えることが出来ないまま接客をしてクレームになってしまいます。しかし覚えた矢先からまた新しいプランや機種…これが延々と繰り返される訳です。え、辛くないですか?

 

クレーム対応が辛い

もちろんこちらのミスでのクレームは真摯に受け止めなければいけません。

が、携帯ショップではあまりに理不尽なクレームが頻発します。

例)

客「このアプリの使い方を教えて欲しい」

店員「アプリは提供元が違うので対応しかねます」

客「携帯ショップで聞けなかったらどうすればいいんだよ!!」

こんな一例を出しましたが、これは日常茶飯事に起きるクレームです。

携帯ショップとしては、自社で出しているアプリの説明は出来ます。よく使われているアプリは別会社だったり個人で出されている物のため説明出来ません。

それを伝えても本気で怒られるなんてことが多々あります。携帯で出来ることは全て携帯ショップで対応してもらえるという世間の認識を改めて欲しい所です。

 

売り方の裏側を知って嫌気がさした

携帯会社の売り方というのは、見えない部分で姑息なものが多いのはここ最近では有名な話かと思います。

定番が抱き合わせ商法。今同時に入ると〜っていうやつですね。
機種変更に来た利用者にタブレット端末や光回線、クレジットカードから銀行口座開設、でんき会社の入れ替えなどなど。一時期auショップではウォーターサーバーまで販売していました。

売る側としてはノルマがあるため提案しますが、買う側のことを考えると良心が病むことも。売り方で相手を落とし込まなければならないような内容だと尚更自ら心を痛めつけることになります。

 

将来性を感じず不安

某ショップで営業成績ダントツNo.1だった僕だから断言します。

序盤にもお話しましたが携帯ショップは代理店。
どんなに頑張っても本社である大企業にいけるわけではないのです。

成績トップになっても給料は上がらず…このままショップで売り続ける事を不安に思う人が後を立たないのは当然ですよね。

 

携帯ショップ店員を辞めた後転職は可能なのか?

結論、可能です。

特に資格を持っていない僕も一般職に就職出来ました。

携帯ショップ店員は専門性が高いこともあり、長く続ければ続けるほど携帯の知識が身につく分、他の職種に移る際の不安が大きいかもしれません。

しかし「辛い」「辞めたい」と思っている現状ならば、今のキャリアにこだわることは無意味ではないでしょうか。長く続けて成績を出してもキャリアアップしないなら尚更です。
「ブラック」と呼ばれる環境で無理に働き精神を病んでしまってからでは、そちらの方が次の転職に繋がりにくくなる事もあります。

人生でコミュニケーション能力を使わない場所はありません。
携帯ショップでは接客のノウハウを学ぶことが出来たと前向きに捉え、自信を持って転職して良いです!

 

結論:携帯ショップ店員は辞めても大丈夫です(まとめ)

携帯ショップ自体は需要も今後も無くなることはなく、人材を必要とされる職種ではあります。

しかしここまで目を通したあなたは少なからずこのまま働き続ける事に不安や疑問を抱えていますよね?無理なノルマ・接客に心が疲れ、さらに頑張って成績を残してもキャリアアップに繋がらないなんて将来が不安になって当然です。

僕自身がショップ店員時代の現状に不満を感じながら、転職という行動に移すまでかなり時間がかかりました。でも実際に転職した今はもっと早く決心していればという思いに尽きます。

日本は初心者に優しい会社のシステムが充実しています。
未経験歓迎の会社や社内研修等が充実した企業も多いので、今悩んでいる方にはまず「行動」してみて欲しいです。

今、ショップ店員を続けるのは辛いですか?転職して新しい職場でしっかりキャリアアップしていきましょう!

実際に僕が転職した際に利用して親身になってくれた転職エージェントを紹介しています。
「面接で前職を辞めた理由を聞かれたらどうしよう…」そんな方のために回答実例も載せているので是非参考にしてみてください!

携帯ショップから転職したい人にオススメエージェントはこちらから!

こちらもCHECK

携帯ショップから転職したい人におすすめの転職エージェント

こんにちは、マサヤです。 携帯ショップ店員を5年やってきましたが、ショップ店員同士で話すことは「給料って上がるのかな?」こんなことばかり。 そこで今回の記事では、元携帯ショップ店員が実際にまったく違う ...

続きを見る

 

 

-携帯販売の仕事

Copyright© まさやハウス , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.